工具測定

工具の機上計測(機內計測)を行うことにより、非生産時間を削減し、加工精度を向上させ、不良品の削減とリワークを低減することができます。接觸式工具測長器TTシリーズを使用することで、工具を効率的かつ確実に測定することができます。

工具測長器 TT

型式TT 160TT 460
計測方法接觸式
計測方向3次元方向: ±X、±Y、+Z
測定力軸方向: 8 N、半徑方向: 1 N
工具の材質折れやすい材質の場合はご注意ください 
異物が付著している 工具に対してほとんどの場合、問題なし
測定可能項目長さ、半徑、破損、各刃先
取付けに関してNCとの接続が容易
信號伝送ケーブルSE 660と無線/赤外線通信、SE 642と赤外線通信
繰返し精度2 σ ≤ 1 μm
最小計測可能工具徑3 mm

  

工具徑の測定

工具測長器は、回転する工具をプロービングして、その最大半徑を計測します。工具の向きは刃先の最も長い部分にあわせます。正確な半徑は、最大値を繰り返し”往復”測定することで得られます。

各刃先は、ハイデンハインの制御裝置でのみ測定可能です。